FT-IRのお仕事

ftir-san : Fourier Transform Infrared Spectroscopy

第6類危険物の性質と指定数量

広告

第6類危険物の性質と指定数量



第6類危険物 酸化性液体

第6類危険物の酸化性液体は
他の物を酸化する力をもつ液体です。

酸化性液体は
混在する他の可燃性物質の燃焼を促進します。

酸化性液体それ自体は
可燃性の液体ではありません。

酸化性液体の比重は1より大きく、
水に沈みます。

すべて無機化合物です。

第6類危険物の種類

一 過塩素酸

二 過酸化水素

三 硝酸

四 その他のもので危険物の規制に関する政令で定めるもの

五 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの


6-2.過酸化水素

危険等級Ⅰ
指定数量:300kg

過酸化水素は無色透明な液体です

粘性があります。

過酸化水素には
特有の匂いがあります。

過酸化水素水の性質

過酸化水素水は酸化性があります。

過酸化水素水は強い殺菌力を持ちます。


過酸化水素水は還元性もあります。

過酸化水素水は過マンガン酸カリウムを還元して
クロム酸塩を過クロム酸塩に変えます。

融点は0℃以下です。


過酸化水素は劇物

過酸化水素が重量%で6%を超える濃度の製剤は
毒物及び劇物取締法により劇物に指定されています。


過酸化水素は濃度50%以上だと
常温でも水と酸素に分解します。

そして爆発の危険性があります。

過酸化水素の保管方法

容器は密栓せず、
通気のために穴の空いた栓をしておきます。

冷暗所で保存します。


6-3.硝酸(HNO3)

危険等級Ⅰ
指定数量:300kg

硝酸HNO3
無色か淡い黄色の液体です。

硝酸は強い刺激臭がします。

硝酸は
酸化力をもつ強酸です。

ほかの物質から電子を奪い取ります。


加熱すると
二酸化窒素(NO2)と
酸素と
水に分解します。


硝酸は劇物

硝酸が重量%で10%を超える濃度の製剤は
毒物及び劇物取締法により医薬用外劇物に指定されています。


硝酸の発火性

硝酸は
二硫化炭素(CS2)、
アミン(R-NH2)、
ヒドラジン
と混ぜると発火爆発します。

硝酸と
有機物(C)が接触すると自然発火します。

硝酸の用途

硝酸は冶金や爆薬などの原料に使われています


硝酸の廃棄方法

硝酸は中和してから廃棄します。


発煙硝酸

硝酸濃度が高いものは空気中で発煙します。

発煙硝酸は
硝酸に二酸化窒素(NO2)を
加圧飽和させて作ります。

(硝酸濃度98%)


窒素 N とは

窒素は15属の非金属元素です。

単体の窒素N2
空気中に約78%含まれる反応性に乏しい気体です。


アンモニア工業

アンモニア工業とは、
窒素を含む無機化合物を製造する化学工業です。

アンモニア工業製品の代表としては
アンモニア、硝酸とその塩があります。

アンモニア

アンモニアNH3
無色の気体です。

アンモニアは空気よりも軽いです。

理科の実験でもお馴染みのアンモニアは刺激臭がします

アンモニアは弱塩基性であり、
水によく溶けます。


アンモニアは可燃性ガス

アンモニアは可燃性ガスです。

常温での爆発範囲は
およそ15パーセントから28パーセントです。

アンモニアが酸素中で燃焼すると、
窒素と水ができます。


アンモニアは液体にできる

アンモニアの臨界温度は約133℃です。

圧縮して圧力を高くすれば
アンモニアは常温で液化します。

液化アンモニアは
ハロゲンや強酸などと接触すると
激しく反応して
発火、爆発することもあります。


アンモニアは劇物

アンモニアが重量%で10%を超える濃度の製剤は
毒物及び劇物取締法により医薬用外劇物に指定されています。


ハーバー・ボッシュ法とは

ハーバー・ボッシュ法(Haber Bosch process)とは、
アンモニアの工業的製法のことです。

アンモニアNH3
工業的にはハーバー・ボッシュ法で製造されます。

水素H2
空気中の窒素N2から
鉄を主体とした触媒を用いて、
高圧条件下でアンモニアを合成します。

アンモニアの用途

アンモニアは
肥料や
工業製品や
合成繊維などの原料です。

さらに、冷凍庫や冷蔵庫の冷媒としても使用されています。

アンモニアと
二酸化炭素を反応させて尿素を合成することができます。

ハーバー・ボッシュ法の開発により、
人類は窒素肥料の原料をチリ硝石に依存していた状態から脱却しました。

N2(g) + 3H2(g)
⇔  2NH3(g),
ΔHo = -92.4 kJ・mol-1



オストワルト法とは

オストワルト法とは、
硝酸の工業的製法のことです。

アンモニアNH3
白金Pt触媒の存在下で燃焼させて
一酸化窒素NOとし、
これをさらに酸化させて二酸化窒素NO2にしたところで
水を加えて
硝酸HNO3を生成させます。

4NH3 + 5O2
→ 4NO + 6H2O

2NO + O2
→ 2NO2

3NO2 + H2O
→ 2HNO3 + NO

こうして工業的に硝酸が製造されます。



「消防法」
(総務省)
(https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC1000000186#C)を加工して作成


「危険物の規制に関する政令」
(総務省)
(https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=334CO0000000306#I)を加工して作成