FT-IRのお仕事

Fourier Transform Infrared Spectroscopy

オンカラム注入法

広告

オンカラム注入法

GCサンプル注入方法

以下のように分類される。

1.ホットインジェクション法
├1-1. スプリット注入法
├1-2. スプリットレス注入法
└1-3. 全量導入法(オンカラム注入法)


1-3. オンカラム注入法

オンカラム注入法 (全量導入法)は、
ワイドボアキャピラリーカラムを使用して、
名前どおり試料全量をそのままカラムに導入する方法。


注入量

液体試料の場合1μL程度。

注入された液体試料はそのままカラムに到達する。

そしてカラム内で気化する。

カラムの径が太いので、試料を全量注入しても分離ができるはず。

もし分離がよくないときは試料注入量を減らす。


オンカラム注入法の注意点

ガラスインサート内にシリカウールをセットしなくてよい。

シリンジは試料気化室よりも長い針のついた特殊なシリンジが必要。


オンカラム注入法の種類

1.ホットオンカラム法
2.クールオンカラム注入法


1.ホットオンカラム注入法

ホットオンカラム注入法は、
注入口は溶媒沸点程度の温度で、
試料は液体のまま直接カラムに注入される注入法。

2.クールオンカラム注入法

クールオンカラム注入法(コールドオンカラム法)とは、
注入口は溶媒沸点未満の比較的冷たい温度で、
試料は液体のまま直接カラムに注入される注入法。