FT-IRのお仕事

Fourier Transform Infrared Spectroscopy

HPLCサンプル調製のやり方

広告

HPLCサンプル調製のやり方

HPLCで分析可能な試料

HPLCはほとんどあらゆる試料に適用できる汎用性のある分析手法。

HPLCの分析可能な物質の範囲は、GCよりも広い。

HPLC用試料の形態

液体:HPLC分析OK


固体:条件付でOK

その試料を溶かす移動相溶媒を見つければ可

気体:ほぼ無理

一般に気体成分は溶液に溶解しない限り、HPLCでは分析できない。

なので、炭化水素など常温で気体の化合物はGCで測定する。

HPLCではほぼ無理。


HPLCサンプル調製のやりかた

HPLCサンプルはきれい

HPLCサンプルはきれいでなければならない。

試料中にタンパク質が含まれている場合には、事前にタンパク質を除く。

試料は溶離液に溶かす

HPLC用試料は原則として移動相溶媒(溶離液)に溶かす。

理由

サンプルが析出してカラムの入口に詰まるのを防ぐため。


0.45μmの使い捨てフィルターでろ過

遠心分離して上澄みを取る


ポストカラム誘導体化

ポストカラム誘導体化とは、
測定対象成分をカラムで分離後、
溶出液に誘導体化試薬などを加えて誘導体化する操作のこと。

検出器に適応させるため、
試料成分をカラムで分離後、
反応部に導いて目的成分を誘導体化する。

誘導体化反応の例としては、蛍光の付与などがある。