FT-IRのお仕事

Fourier Transform Infrared Spectroscopy

計量士試験 計量関係法規の勉強法

広告

計量士試験 計量関係法規の勉強法

計量士とは?

計量士は経済産業省が所管する国家資格です。

計量士国家試験の試験範囲には
SI単位、トレーサビリティ、型式承認、不確かさなどの概念が含まれています。

理系の人間であれば、計量士は色々と勉強になる資格です。

特にSI単位やトレーサビリティのことは
理系の人間なら誰でも教養として知っておいて損はないと思います。

また、メーカーに勤務している人なら「型式」という単語を耳にすることもあるのではないでしょうか。

計量士国家試験は誰でも受験できるので、
理系の人なら腕試しに一度受験してみるのもよいかもしれません。
(国家試験は年に一度実施される)

計量士の種類

計量士資格には以下の3種類があります。

1.一般計量士

長さ、質量、面積、体積、熱量を正確に測定し、
はかりなどの測定機器を校正する技術者。

2.環境計量士(濃度関係)

大気、水または土壌中の物質の濃度を正確に測定し、
分析機器などを校正する技術者。

3.環境計量士(騒音・振動関係)

音圧レベルや振動加速度レベルを正確に測定し、
分析機器などを校正する技術者。


計量士資格を取得する方法

計量士資格を取得するための方法には、二つのルートがあります。

1.年に一度行われる計量士国家試験に合格する

2.産業技術総合研究所の課程を修了し、計量行政審議会の認定を受ける。

一般的なのは、計量士国家試験に合格するルートです。


計量士国家試験の試験内容

一般計量士

計量に関する基礎知識
計量器概論及び質量の計量・質量計量
計量関係法規
計量管理概論

環境計量士(濃度関係)

環境計量に関する基礎知識
化学分析概論・濃度測定
計量関係法規
計量管理概論

環境計量士(騒音・振動関係)

環境計量基礎知識
音響・振動概論と温圧レベル及び振動加速度レベルの計量
計量関係法規
計量管理概論

共通科目の試験免除

一度どれかの区分の計量士に登録すると、
別の区分の計量士国家試験を新たに受験する時に
共通科目の計量関係法規と計量管理概論は試験が免除される。


計量関係法規の勉強法

一般計量士にしても、
環境計量士にしても、
計量士国家試験を初めて受けるのであれば、
まずは共通科目である計量関係法規について勉強しなければなりません。

計量関係法規は「計量法」という法律に関する試験問題が出題されます。

ただやみくもに暗記するよりも、
計量法にどんなことが書かれているのか理解しながら計量法を読み進んでいくと頭に定着しやすくなります。

計量関係法規の勉強法の一覧

計量関係法規の勉強法 用語集

計量関係法規の勉強法1

計量関係法規の勉強法2

計量関係法規の勉強法3

計量関係法規の勉強法4

計量関係法規の勉強法5

計量関係法規の勉強法6

計量関係法規の勉強法7

計量関係法規の勉強法8

計量関係法規の勉強法9

計量関係法規の勉強法10

計量関係法規の勉強法11

計量関係法規の勉強法12

計量関係法規の勉強法13

計量関係法規の勉強法14

計量関係法規の勉強法15